お知らせ

蛍光管、水銀使用製品取扱いについて。

左記のとおり、今まで不燃として取扱いをしていた

蛍光管、水銀使用製品が不燃ごみとして出せなくなりました。

それに伴い、産業廃棄物として処理することになりますので

詳しいことは、当社にお問い合わせいただけるよう、お願いいたします。